FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値観を晒すのは意外に怖い事

好きな映画は?好きな本は?好きな音楽は?好きな芸能人は?

こわっ。
そう僕は、この手の質問が怖かったりする。
こんな事聞かれたら俺の価値観がばれちゃうでしょうに。
価値観っていうものは、その人の集大成なわけじゃない。
生まれてから、見てきたものやら聞いてきたもの感じたものの、そういう事をすべてひっくるめて自分で練り上げてきたものが価値観だと俺は思っている。
しかも価値観とやらは、厄介なことに年期が入ってるせいか非常に足腰がしっかりなさっていて、多少のことでは揺るがない。
「価値観が変わる!!」なんて事はそうそう無いと思っている。

だからこそ、価値観が否定される時というのは、俺自身を否定されてるようで並々ならぬショックを受けてしまう。
面白かった映画などは人に勧めたくなるが、「あれ!全然面白くかったよ!」と爽やかにさらりと言われてしまった日には俺はショックで立てなくなる。
だから、俺が人に何かを薦めるときは、小型犬ばりにビクついてるという事を分かって欲しい。
怖いんだよ、価値観が否定されるんの。

だけど人間というのは、寂しがり屋なのか何のか知らないけど、『価値観の共鳴』みたいなものを、ものすごく欲する。
ウマイ飯屋を発見したら人に紹介したくなるし、面白い本を買ったら人に貸したくなる、これはどうしようもない。それで「な?ウマイだろ!」「な?面白いだろ!」ってやっぱり言いたいじゃない。
これ人間の性でございましょうに。

否定されるのは怖いが、肯定されたときには嬉しい。

だから人はブログなんてものをやってるんじゃないのかと。

価値観を見てもらって、肯定して欲しいから。

だから俺は怖いけど、びびってるけど、価値観を皆様に見てもらいます。

という今回はブログを書いてくにあたり、決意表明の回でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

koishin1013

Author:koishin1013
名前 コイシン

アドレス
koishinchan@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
けっ
くっ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。