FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな事を言われても

そんな事を俺に言われても、というのは多々ある。
昔、谷亮子さんが結婚式で着たウエディングドレスが自分でデザインした!ってニュースで伝えてたけど、心から、そんな事を俺に言われても・・・・としみじみ思った。
しみじみと、俺に思われても亮子さんの立場が無いと思うが。(『さん』づけなのは俺との微妙な距離感を表しがたいが為・・byコイシンちゃん)

そんなことを言われても俺には正面から受ける出来ないのだ。
まぁ身も蓋も無い事を言うが、要はどうでもいいのだ。
どうでもよすぎて、目が虚ろになって、そんな事より今日の日経平均株価が気になってしまうぐらい。
いえーい!ワールドビジネスサテライトォォォ!始まるよ!みたいな。

おっと、いけない、いけない、ふざけ始めている。


ところで俺の中で、そんな事言われても、という番組もある。
あの『極嬢ヂ○ラ』(この『ヂ』に製作側のちょっといやらしさを感じる)とか『グー○ンヌーボ』みたいなガールズトークを種とした番組だ。
それにしても○に位置が下手ね、僕。
これじゃ何の番組か丸分かりじゃない。

というかガールズトークという単語自体に嘆いてるのは俺だけか。
まぁその話は長くなるから今度するとして。

簡単に言ってしまえば、こういう番組の放送してる事って、女の裏側お見せします!出でよ女子の本音!女子力万歳!という事でしょ、簡単に言っちゃえばね。

そうなると、こちとら、どうでもいいさー。なんくるないさー。と気づいたら気持ちは沖縄ですよ。常夏ですよ。
あの番組見てる男っているんでしょうか?
というか、ほぼ女が見てると仮定して、女はどういう気持ちでアレを見てるんだ!
へーなのか?
そうそうなのか?
ちょーウケルなのか?
ヒーハーなのか?

この手の番組は正直嫌いなので、無くなってしまえばいいとは思うが、男の俺が何を言ってもこの悲しき現実を変えることは出来ないので、こういう番組を見て怪訝そうな顔になる女性が増える事を切に願っております。



で、ここで本題。
俺からもとっておきの『そんな事言われても』ってことをお伝えします。

ワタクシに興味あるならともかく、無い人は本当に死んだような目になりかねないが、ここまで読んでくれてるなら少しでも興味あるであろうとして先に進ませてもらう。

俺はバイに憧れている。

ワンピースならここで『どーーん!!』と効果音が入るだろう。

そう、俺はバイに憧れている。


まぁ経緯から詳しく書いていくが、中学のときに見た、ある洋物アダルトビデオが乱交ものだった。
若い男女達が『オーイエー』と息をスーッと吸いながら思うまま愉楽を求めている。

ところがどっこい、とんでもない映像が飛び込んできた。
ごちゃごちゃしてて最初気づかなかったんだけど、男が男にフェラチオしてるのね。
おい!間違えてる間違えてる、そこの異国の人!
ハイになって錯乱状態で、気づいたらチンコをしゃぶってたという事なのかと思ったのだが、いたって冷静に行為をしてるので、そういうことでは無いと分かった。

当時、ゲイの存在は認識していたのだが、女の人と普通にそういう事をして、男ともなんら変わりなくそういうことが出来てしまう新人類『バイ』なるものがいるということを、その時、初めてコイシンちゃんは知った。
所謂、カルチャーショックですよ。
映像的にもそうとうな衝撃がありましたし、気持ち悪くて吐きそうになった、何せ中学生だし。


でも、そのビデオのバイを、ある程度見てて気づいたんだけど、なんか変な言い方だけどバイの人達が一同に皆優しそうに見えた。

なんか大きい男に見えるんですね、チンコを平然としゃぶる事もいとわない姿が、何だかスマートに見えなくも無い。
そこにいる男女が、それこそ本当に仲良く全員でSEXしてるような、もう男女で分けるのとかもうダサクね?みたいなお洒落感。

人類皆兄弟!地球大好き!というような地球博愛主義な精神が垣間見えましてね。
これぞまさにラブ&ピースなんだと。

ビデオの乱交してる後ろが花畑だったのもあるのかもしれないけど。ここが人類の終着点なのかと、サンチュクアリなんじゃないかと、真剣に思いまして、ワタクシ。


だって普通に考えて、性的対象が二倍になるわけじゃない。そういう単純な話でもないと思うが。



コイシン少年はそこで真面目に考えました。
アリだなと。

ただいかんせん、女子にしか興味の無い平凡ノーマル人間な俺はどうすればいいのか、悩んだ。


ただ、ここで無理やり、自分の力で男もアリの状態にする事自体が、そのバイの精神、その先にあるサンチュクアリに反するのでは無いかと。
自分に優しくなかったり、悩んでたり、無理が生じる時点でバイという高みに行く資格が無いのです。
なんてたって地球博愛主義なのだから。

これは成り行きに任せるしかないな。そうじゃないと意味が無いのです。自然誘発的でないとダメなのです。

と思い、早10年。

何にもありゃしません。

現在、男がまだ気持ち悪くてしかたがありません。
加藤鷹のゴールデンフェインガーを駆使しながら『ふぁー、いいだろ。あ゛ー、いいだろー。』と言うのに対しガンガン気持ち悪いと思ってる時点で、
小池徹平君より楠田枝里子のがイケる思ってる時点で、僕には才能が無いのかもしれません。

ただもう一度言わせて。

『バイ』に対すると憧れと準備は出てきている。





俺から皆様にお送りした、『そんな事言われても』でした。

今回の記事、誰も得しないな、こりゃ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

koishin1013

Author:koishin1013
名前 コイシン

アドレス
koishinchan@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
けっ
くっ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。